WROオン・ツアー 2019/2020 ヒューマン・アスペクト

0

    作家略歴・作品解説

    《オペレーション・ジェーン・ウォーク》
    レオンハルト・ミュルナー(AT)、ロビン・クレンゲル (AT)

    ディストピア的なマルチプレイヤー向け射撃ゲーム、トム・クランシーの「分裂」(Ubisoft Entertainment 2016)に基づく実験的な短編映画。 ゲームのデジタル戦争ゾーンは、芸術的操作を介して割り当てられます。ソフトウェアのルールの中で、軍国主義的な環境が物語の都市ツアーに再利用されています。 都会のベビーカーは可能な限り戦闘を避け、マンハッタンのミッドタウンの詳細なレプリカであるデジタル世界の平和な観光客になります。 黙示録的な都市を歩きながら、建築史、都市化、ゲーム開発者の都市構造への介入などの問題が議論されています。

    ロビン・クレンゲル(AT)は、1988年グラーツ生まれ、ウィーンとグラーツを拠点に作家、イラストレーター、文化人類学者として活動しています。 彼は、空間利用の個人的および集団的戦術、ならびに都市およびデジタル公共圏の秩序と制御のメカニズムに興味を持っています。 クレンゲルは、芸術、科学、社会-政治的関与の間に彼の作品を位置づけています。 彼はこの分野のさまざまなプロジェクトや出版物に参加しました。 2017年以来、彼は学際的な芸術と文化のスペース「Forum Stadtpark」の副会長を務めています。

    レオンハルト・ミュルナー(AT)は、1987年グラーツ生まれ。ウィーンでビジュアルアーティストおよびメディア研究者として活動しています。彼はUFGリンツ、HGBライプツィヒ、およびウィーン美術アカデミーでビジュアルアートとメディアアートを学びました。現在、カルチュラルスタディーズの分野で博士論文を準備中です。 彼は、デジタル空間だけでなく公衆にも介入します。彼は国際的な展覧会、上映会、レジデンスを経験しています。

    愛情の公開表示
    リリアナ・ピスコルスカ (PL)

    作家は公共集会と公共空間との間の緊張関係を探っています。彼女は集会を守る警察と参加者の間を分かつ線となる、公共集会の一時的合法性の物理的限界に焦点を当てます。同じ動きをする警察部隊は恒久的で身体接触を伴って親密であり、その完全さは途切れない動きや変化で表現される関係の持続力にかかっています。

    リリアナ・ピスコルスカ(PL)は1988年生まれ、トルンのニコラウス・コペルニクス大学(ポーランド)美術学部卒業、美術博士号取得。彼女の作品では、フェミニスト-クィア、アナキスト-フェミニスト、ポストヒューマニストの視点を取り入れています。主に分析的手法により、彼女はポーランドの社会的文化的風景に特徴的な側面や文脈を掘り下げています。彼女はオストラレ現代美術ビエンナーレ(2017、ドレスデン)、11月映画祭(2018、ロンドン、クローズアップ映画センター)、ラートキャッチャー(2018、ヴロツワフ現代美術館、ポーランド)などに参加しました。2017年にはベルリンの予兆祭でファイナリストに選ばれ、2019年にはポーランドの「眺望」展にノミネートされました。


    永遠の領域
    グリ・シルバースタイン (GB)

    イタリアのルネサンス絵画とイスラエルの国境でのガザの人々の抗議に触発されたこの作品は、人の動きや風景の古典的イメージと、現代のニュース、美、血といった人目を引くものとを結びつけます。解放、自然、若返りや若い女性への欲望は、神秘的で暗くカラフルなオーディオヴィジュアルの寄せ集めを統合し、形作ります。

    グリ・シルバースタイン(UK)は、1969年イスラエル生まれ、2010年よりロンドンを拠点に活動するビデオ・アーティスト兼編集者です。1997年にテルアビブ大学で映画の学士号取得、1997年から2002年までニューヨークに暮らし、ニュースクールでメディアスタディーズの修士号取得。2000年以来英国ほか世界の芸術祭や美術館、例えばロンドン短編映画祭、ベルリンのトランスメディアーレ、オランダのゴー・ショート、イフラヴァ(チェコ)のJIDFF、ロサンゼルスの(In)appropriation 、ニューヨーク映像週間、モスクワの国立現代美術センター、オマハのべミス現代美術センターなどで彼の短編映像が上映され、賞を受賞してきた。


    消せないイメージ
    ウィニー・スーン (HK)

    この作品は、1989年に北京で行われた学生主導の天安門広場抗議活動の日付を示す用語「六四」をグーグル画像検索した結果のスクリーンショットです。その日の最も象徴的な画像は、「戦車男」として知られる、戦車の列の前に立つ無名の抗議者でした。この画像は当局によって絶えず検閲されており、中国の検索結果からは遮断されています。2013年からは戦車男の画像を模したレゴブロックによる画像も出回るようになり、それもすぐ消去されました。しかし、それでもこの画像は中国を越えて見られ、グーグル画像検索結果の上位数行に表示される場合があります。2017年に300以上のスクリーンショットが撮影され、このプロジェクトは、データの循環、インターネットの検閲、人間もしくは非人間的要素の複雑な参与によるイメージの(再)構成の物質性について探り、サムネイル画像が隠れた基礎となる枠やスクリーンショットのフレームを越えて動くような、一時的で空疎なネットワークスペースを作ろうとしている。

    ウィニー・スーン(HK/DM)は、デンマークを拠点に活動する作家、研究者であり、計算プロセスや、私たちの経験のよりどころとなる、より一層プログラムされた構造を生み出す技術の文化的意味を調査しています。彼女の作品は、特にインターネットの検閲、データ循環、リアルタイムの処理と活性化、そしてコード実践の文化に関する、計算文化についてのテーマ、概念を探求しています。ウィニーのプロジェクトは、ヨーロッパ、アジア、アメリカ各国の美術館、芸術祭、大学や会議で国際的に展示および発表されています。彼女の現在の研究領域は、ソフトウェアの美的コーディングに焦点を当てており、「美的プログラミング:ソフトウェア研究ハンドブック」(ゴフ・コックスと共著)、「私のコードを決めよ」(コーネリア・ソルフランクと共著)という二冊の本を準備しています。彼女はオーフス大学准教授です。


     瓶詰の歌3 & 4
    クロエ・ガリベール=レネ (FR)、ケビン・B.リー (US)

    オンラインやソーシャルメディアでの欲求、権力、テロを調査する一連のビデオレター。研究者のデスクトップで記録された映像は、自分自身や他者についての日常の神話やフィクションの制作における被験者の強迫的関与を描き、探求します。ここでは第三章と第四章を紹介します。「スポークスマン」では、誘拐されていくつかのイスラム国家のプロパガンダ映像に登場したイギリスのニュースレポーター、ジョン・キャントリーのオンラインの足跡を調査します。「私のクラッシュはスーパースターだった」は、フランスのISIS戦闘員アブ・アブダラ・ギトーネをメッセージ、ビデオ、投稿を元に追跡し、ソーシャルメディアと現実の両方での彼の存在を明らかにします。

    クロエ・ガリベール=レネ (FR)とケビン・B.リー (US)は、ビデオエッセイに特化した映像制作-研究チームです。彼らの作品は、オンライン、アマチュアや、見つかった映像の文脈を通じて、権威の歴史に照らしながら、現代の視聴覚メディアを研究しています。2018年には彼らはサンダンス・ノンフィクション芸術インスティチュートの助成金を得て、ヨーロッパ・メディアアートプラットフォーム(EMAP)に滞在していました。彼らはオーストリア映画美術館、ロンドン・エッセイ映画祭、ロッテルダム国際映画祭、アルスエレクトロニカ、インパクトなどで作品を発表しました。

     

     

     

     

    WRO on Tour 2019/2020 HUMAN ASPECT


    Bioses and synopsys of artist in Program WRO on Tour in Tatsuno Art Project 2019

    OPERATION JANE WALK
    LEONHARD M?LLNER (AT), ROBIN KLENGEL (AT)
    An experimental short film based on the dystopian multiplayer shooter Tom Clancy's: The Division (Ubisoft Entertainment 2016). The game's digital war zone is appropriated with the help of an artistic operation: within the rules of the software, the militaristic environment is being re-used for a narrative city tour. The urban strollers avoid the combats whenever possible and become peaceful tourists of a digital world, which is a detailed replica of Midtown Manhattan. While walking through the post-apocalyptic city, issues such as architecture history, urbanism and the game developer's interventions into the urban fabric are being discussed.

    Robin Klengel (AT), born in 1988 in Graz, lives and works as an artist, illustrator and cultural anthropologist in Vienna and Graz. He is interested in individual and collective tactics of spatial appropriation, and mechanisms of order and control of the urban as well as the digital public spaces. Klengel situates his work between art, science and socio-political involvement. He participated in various projects and publications in this field. Since 2017 he has been a vice chairman of the interdisciplinary art and culture space Forum Stadtpark.
    Leonhard M?llner (AT), born 1987 in Graz, lives and works in Vienna as Visual Artist and Media Researcher. He studied Visual Art and Media Art at the UFG Linz, at the HGB Leipzig, and at the Academy of Fine Arts Vienna. Currently he writes his PHD in Practice in the field of Cultural Studies. He intervenes into the public as well as into the digital space. He has an international exhibition, screening and residency experience.
    PUBLIC DISPLAYS OF AFFECTION
    LILIANA PISKORSKA (PL)

    The artist explores tensions between the notions of the public meeting and public space. She focuses on the physicality of limits circumscribing the temporary legality of a public meeting which form a dividing line between the participants and the police who protect the assembly. The synchronized police troops are in permanent, intimate, body-to-body contact, their integrity hinging on the endurance of connections which must be expressed in constant movement, shifts, and action.
    Liliana Piskorska (PL), born in 1988, Doctor of Arts, a graduate of the Faculty of Fine Arts, Nicolaus Copernicus University in Toru? (Poland). In her work, she embrace feminist-queer, anarchist-feminist, and post-humanist perspectives. With her largely analytical investment, she delves into the context and distinctive facets of the socio-cultural landscape of Poland. Her major exhibitions include the Ostrale Biennale for Contemporary Art (2017, Dresden, Germany), the November Film Festival (2018, Close-Up Film Centre, London, UK), and The Ratcatcher (Contemporary Museum, Wroc?aw, Poland, 2018). In 2017 she was a finalist of the Forecast Festival in Berlin (Germany), and in 2019 she was shortlisted for the Spojrzenia Award.

    FIELD OF INFINITY
    GULI SILBERSTEIN (GB)
    Inspired by Italian renaissance paintings and protests of the people of Gaza at the border with Israel, the work connects classic images of human gestures and landscape views, to contemporary attraction to news images, beauty, and blood. Desire for liberation, nature rejuvenation and a young girl, merge and form a mysterious, dark and colourful audio-visual scramble.
    Guli Silberstein (UK), born in 1969 in Israel, is a video artist and editor, a British citizen, based in London since 2010. He received a BA in Film from Tel-Aviv University in 1997 and a MA in Media Studies from The New School University, New York City, where he studied and lived in 1997-2002. Since 2000, Guli creates short video works widely shown and winning awards in festivals and art venues in the UK and worldwide, including showing works at: London Short Film Festival, Transmediale Berlin, Go Short in the Netherlands, JIDFF, Jihlava, Czech Republic, Festival of (In)appropriation, LA USA, New York Film Week, The National Centre of Contemporary Art, Moscow, Russia, Bemis Center for Contemporary Arts, Omaha, NE USA.


    UNERASABLE IMAGES
    WINNIE SOON (HK)
    The artwork presents screenshots from Google Image Search results for the search term "六四" ("64"), a reference to the date of the student-led Tiananmen Square Protest in Beijing in 1989. The most iconic image of that day depicts an unknown protestor known as 'Tank Man' facing down a column of advancing tanks. This photograph is routinely censored by authorities and blocked from any search results in China. In 2013, a Lego reconstruction of the Tank Man image started circulating before it, too, was quickly erased.
    Nevertheless, the image was later found beyond China, and it occasionally prioritizes on the first few rows of Google image search.
    With more than 300 screenshots were taken in 2017, the project aims to create a temporal and empty networked space where the thumbnail image(s) move within the hidden infrastructural grid and beyond the screenshot's frame, examining the geopolitics of data circulation, internet censorship, the materiality of image (re)production through complex entanglement of human and nonhuman parameters.
    Winnie Soon (HK/DK) is an artist-researcher based in Denmark examining the cultural implications of technologies in which computational processes and infrastructure underwrite our experiences, which are ever more programmed. Her works explore themes/concepts around computational culture, specifically concerning internet censorship, data circulation, real-time processing/liveness and the culture of code practice. Winnie's projects have been exhibited and presented internationally at museums, festivals, universities and conferences across Europe, Asia and America. Her current research focuses on aesthetic coding in the realm of software studies, working on two books titled "Aesthetic Programming: A Handbook of Software Studies" (with Geoff Cox) and "Fix My Code" (with Cornelia Sollfrank). She is Assistant Professor at Aarhus University.


    BOTTLED SONGS 3 & 4
    CHLO? GALIBERT-LA?N? (FR), KEVIN B. LEE (US)
    A series of video letters investigating desire, power and terrorism in online and social media. The videos, recorded from the researchers' desktops, depict and interrogate their subjects' compulsive engagement in the production of everyday myths and fictions about themselves and others. Here are presented Chapters 3 and 4. "The Spokesman" investigates the online traces of John Cantlie, a British news reporter who was kidnapped and appeared in several Islamic State propaganda videos. "My Crush was a Superstar" tracks a French ISIS fighter, Abu Abdallah Guitone, through a trail of messages, videos and postings to uncover his existence in both social media and reality.
    Chlo? Galibert-La?n? (FR) and Kevin B. Lee (US) are a filmmaking-research team specializing in videographic essays. Their work explores contemporary audiovisual media through online, amateur and found footage contexts in relation to the politics of authority, self-expression, and the histories and theories of cinema. In 2018 they were grantees of the Sundance Institute Art of Nonfiction Fund and artists-in-residence of the European Media Art Platform (EMAP). They have presented their works at the Austrian Film Museum, London Essay Film Festival, the Rotterdam International Film Festival, the Ars Electronica Festival and the Impakt Festival.


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode