ご挨拶

0
    「龍野アートプロジェクト」は、2011年より文化庁のご支援をいただき、地域に残る歴史的な建造物を
    会場とし、芸術を切口に龍野の良さと芸術の素晴らしさを国内外に発信する活動に取り組んでまいりました。
    当龍野地区(兵庫県たつの市)は古くより「播磨の小京都」と称され、有識者の間では、その存在価値が
    高く評価されてまいりましたが、私を含めこの地で生まれ育ったものには、子どもの時からあるごくごく
    ありふれた風景といった感覚が強く、それでいて戻ってくるとなぜかホッとする空気感を持った城下町でした。
    そんな龍野の持つ魅力が、芸術の世界とマッチし、他の土地では出せない、また美術館とも違う独特の空間
    を創り上げ、多くの芸術家や関係者を魅了する姿に、この地域の宝を、日本の故郷(ふるさと)の原風景と
    も言える龍野で、後世に残し共有していくことが、この地に生まれ育ったものの務めではないかと思うよう
    になりました。
    今年度は、過去三年間からのさらなる飛躍を試み、
    11月2日−16日にわたり、下記の5点
    をポイントに、地方での芸術水準の向上と鑑賞機会の充実に取り組んでまいりました。

    1. 地方に残された資産(未活用の文化遺産・人材人脈)を活用する。
    2. 国際的に活躍する優れたアーティストとの交流を促進し、質の高い文化交流・情報交換の機会を確保する。
    3. 音楽と美術など他領域との融合を図り、新たな芸術的価値の創造・発信にチャレンジする。
    4. 芸術分野での専門家の指導・アドバイスを受ける機会を確保する。
    5. 地域・行政・学校・大使館等との連携を促進し、公共性を持った文化芸術活動とする。

    また2013年より、芸術の可能性を追求し、たつの市出身の若手作曲家 薮田翔一氏を迎え、芸術ジャン
    ルを横断した現代音楽と現代美術の響演(コンサート)にチャレンジしたのを契機に、今年度は時代を越
    え使い込まれた醤油蔵の空間的特質を生かし、コンサートホールでは得られない音の響き、演奏家の息
    づかいの感じられる客席の配置、「今、ここにある」音楽と映像とダンスパフォーマンスを融合させた斬新
    な試みに対し、満足のできる成果が得られましたことを、関係者一同喜んでおります。幸い、今年度も多く
    の方々からお褒めの言葉をいただき、「龍野アートプロジェクト」の認知度も広まってまいりましたことを、
    嬉しく思うとともに、心より感謝いたしております。今後とも「龍野アートプロジェクト」を機軸に、芸術の
    似合う城下町として地域 の活性化と文化芸術の振興に努力してまいりますので、何卒ご支援のほどよろ
    しくお願い申し上げます。最後となりましたが、本プロジェクトの実現にあたり、ご参加いただきました作家・
    アーティストの皆様をはじめ、多くの方々から、ご協力、ご支援を賜りましたことを、ここに深く感謝申し上げ、
    ご挨拶とさせていただきます。
    2015年2月
    龍野アートプロジェクト
    代表 淺井良昭

    Greetings

    0
      Greetings

      Since 2011, Tatsuno Art Project has been held here in Tatsuno with the generous support of
      the Agency for 
      Cultural Affairs of Japan, using the many historic buildings that remain in the
      region as venues to present 
      art to people from across Japan and around the globe, and showcasing
      the unique appeal of Tatsuno and 
      the excitement of contemporary art.
      Known in centur ies past as the "l itt le Kyoto" of Har ima Province
      (today the southwestern part of Hyogo Prefecture),

      Tatsuno has long been recognized by scholars for its 
      historical and cultural importance.
      However, to many including myself who were born and grew up here,
      the traditional townscape
      was something one took for granted - until, perhaps, returning after a lengthy 
      absence and
      breathing a sigh of relief at the atmosphere of the old castle town. Today the nostalgic charm of 

      Tatsuno is something that appeals to many artists and visitors of all stripes, and is somehow ideally
      suited to
      the world of art, characterized by unique spaces found nowhere else with an atmosphere
      differing radically 
      from that of a museum. I have come to believe that preserving this town as
      a treasured part of our regional 
      heritage, and sharing it as an archetype of the traditional Japanese
      community, is a vital mission for those 
      of us born and raised here. This year, for the duration of the
      Project from November 2 to 16, we strove to 
      build on the experiences of the past three years to
      further heighten the quality of art in the community and 
      enhance the viewing experience, focusing
      on the following five key points:


      1. Utilize historic regional assets (as-yet-unused cultural heritage, networks and human resources).
      2. Promote interaction with outstanding, internationally active artists, and secure opportunities for
      sophisticated cultural communication and information exchange.
      3. Pursue multidisciplinary syntheses, such as between art and music, and take on the challenge of  
      creating 
      and sharing new artistic value.
      4. Secure opportunities to obtain the guidance and advice of specialists in the art field.
      5. Promote partnerships among the community, local government, schools, embassies, etc.,
      and make it an arts and culture event of a highly public nature.

      Since 2013, we are explor ing new hor izons with a multidisciplinar y synthesis of contemporary
      visual art 
      and new music, in the form of a concer t featur ing young Tatsuno-born composer
      Yabuta Shoichi. This
      year, it was held in an old soy sauce warehouse with a unique ambience
      arising from its centur ies of use 
      and acoustics that could not be achieved in a concert hal l.
      The audience was seated r ight up close to the 
      performers and was thr i l led by the innovation
      and immediacy of the fusion of music, f i lm, and dance.

      Everyone involved in staging the per formance was delighted with the results. Happily, as in
      past years, the 
      event as a whole received highly positive feedback from numerous attendees.
      I am very pleased and deeply 
      grateful to be able to say that public recognition of Tatsuno Art Project
      is growing at a steady pace. Moving 
      forward, we will continue highlighting the al lure of Tatsuno,
      a histor ic castle town where contemporary 
      art looks right at home, through Tatsuno Art Project
      and related init iat ives aimed at invigorat ing the 
      community and promoting the ar ts and culture.
      We look forward to your continued encouragement and
      support. In closing, I would like to express
      my deepest gratitude for the cooperation and suppor t of the 
      participating artists, creators, and
      performers, and everyone else who helped make this project a reality.


      ASAI Yoshiaki

      Tatsuno Art Project Director

      February 2015

      報告書完成

      0


        龍野アートプロジェクト2014 日波現代芸術祭 「流れ Flow」
        報告書が完成しました。

         

        ≪Black Out≫ 動画公開

        1
        2014年11月2日に行われた「響演2014」にてアレクサンデル・ヤニツキ氏の映像≪Black Out≫と薮田翔一氏の現代音楽≪Flow 窟笋離灰薀椒譟璽轡腑鵑上演されました。




        撮影:デジタルリーディング
        編集:薮田翔一

        ダイジェスト動画

        1
        舞台監修・薮田翔一氏編集による龍野アートプロジェクト2014のダイジェスト動画が出来上がりました。

        撮影:デジタルリーディング



        CURATORS TV

        1
        2013年に引き続き2014年もCURATORS TVで出展作家のインタビューなどの動画を紹介していただきました。
        ありがとうございます。

        http://www.curatorstv.com/video/5238239556272128

        CURATORS TV

        0
          CURATORS TV で龍野アートプロジェクト2013を紹介していただきました。
          出品作家が作品についてじっくり語っています。



          http://www.curatorstv.com/video/5276067749167104


          ※CURATORS TVの視聴にはSNSログインが必要です。

          アカウントをお持ちでない場合は、取得していただく必要があります。


          龍野アートプロジェクト2013記録動画

          0
            2012,2013年度出品作家
            Jérémy ANDRE(SPELKA)が撮影・編集した映像が公開中です。
            同じチャンネルで昨年の動画も視聴できます。


            『龍野アートプロジェクト2013 刻の記憶 Arts and Memories』正誤表

            0
              本書内に誤記がありました。お詫びして訂正致します。
              p121左 下から24行目
              ()喫茶店を手がけて。
              ()喫茶店を「スタジオ宙」の郡裕美さんが手掛けられ

              実施報告書ご予約受付開始

              0
                龍野アートプロジェクト図録ご希望の方はWebのお問い合わせフォームより
                件名を【その他お問い合わせ】に、本文部分に図録希望と入力して送信下さい。
                後日スタッフより振込先をお送りします。
                送料込1500円、今月20日以降順次発送致します。
                -----------------------------------------------------------------------------------------------------
                初版:2014年2月19日  仕様:A4版/160頁
                デザイン・装丁:AntennaMedia 加瀬部敏志
                  発行:龍野アートプロジェクト  ガレリア アーツ&ティー内
                印刷:合名会社 柳生印刷
                価格:¥1,500 (送料込)
                -----------------------------------------------------------------------------------------------------

                << | 2/3PAGES | >>

                calendar

                S M T W T F S
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << October 2018 >>

                selected entries

                categories

                archives

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode